規模で決めない

よく不動産売却を行う際には、大手の不動産屋の方がよいという人も見かけます。しかし、大手ならよいというわけではありません。規模の小さな不動産屋であっても、長年営業を行っており、しっかりと実績を積み重ねているところもあるのです。逆に大手であっても、あまり評判がよくない不動産屋もあるので、規模だけで決めてしまうのはよくありません。

もちろん規模の小さい不動産屋であっても、きちんと対応してくれない場合や、査定額を低く見積もってしまうところもあるでしょう。大手の不動産屋であっても、当然優良で信頼できるところもあるのです。重要なのは査定額が高いこと、素人にもわかりやすく親切に説明をしてくれること、フォローの体制が万全であることでしょう。他にも相性がよいかという点も重要になります。

一括査定を行うことで、実際に差額が100万円以上出てしまうことも珍しくはありません。中古マンションであってもこれぐらいの差が出てしまうことはよくあるのです。だからこそ最初に一括査定を行い、さらに評判や体験談、口コミなどをきちんと確かめてから不動産屋を選ぶ必要があるのです。かなり高いお金が動くので、失敗は許されません。後で後悔しないような不動産売却を行いましょう。